善長谷教会の紹介<無原罪の聖母>


  〒851-0302  長崎市大篭町善長谷

善長谷教会正面から

  《概 要》

(1)現 勢(小教区内数)
  世 帯 数 ・・・・・ 22世帯
  信者総数 ・・・・・ 75人

(2)沿 革
  長い間中町小教区の巡回教会であり、明治28年(1895)に建てられた木造の聖堂が
 老朽化したので、現在の聖堂が昭和27年(1952)5月に再建された。昭和47年(1972)
 から一時香焼小教区の巡回教会となるが、昭和50年(1975)より最寄りの深堀小教区の
 巡回教会となって、今日に至る。

(3)特 色
  文政6年(1823)外海地方(東樫山)よりのかくれキリシタン7戸が移り住んだことに源を
 発すると言われているが、その後西彼三和岳路へ分れて移り住んだ半分はカトリック
 に改宗しないままでいるのに対して現在地に留まった者は改宗した。善長谷はその子孫
 で形成され、集落に住む全員がカトリックである。結婚を機会に若者の殆どが深堀方面へ
 移り住むので、老齢化現象が著しくなっている。山の中腹に位置し、夕日が海に沈むとき
 の教会境内からの眺めは格別である。

(4)区域内巡礼地・史跡・景勝地
  †巡礼地:教会境内ルルド
  ∴景勝地:教会境内


   戻る